あの中古車査定と事故車ってどうでしょう

自分のクルマの売渡を依頼した際には、一番最初に見積もりを受けることとなります。その審査に関しては買い取りの専業店の方がおこなうわけですが、ユーズドカー市場の値段などから金額がはじき出されることになります。

普通は中古車ということで売り出されている額の2~3割ほどが買取プライスとなっていますが、定評のある車だったり、希少価値のある車等のケースでは高い査定がつくなどのケースもあります。また、製造年が新しい方が高く売却できます。一方でこうした買取金額はクルマが完全な状態のときであって、パーフェクトじゃないときには低い査定となります。特に修理歴等は見積もりにかなり関係してきます。

修理の跡といっても定義は微妙なところですが、基本的には車の本体であるフレームの部分にまでダメになるような事故を起こしてしまったくるまは事故車扱いになります。そのような修復歴のある車は将来において何か負の影響出てくるリスクがあるので、見積もりについては短所になります。他方、フレームの部分まで影響しておらず、外見を修繕したぐらいだったら問題ありませんが、しかし修復歴はつきます。

勿論、修理歴が付くわけなので負の影響が有るのですが、事故車よりも低い見積となることはございません。その他、エンジンなどに面倒が発生しているときもマイナスという事で見られますし、普段の点検整備の状況が見積金額に関わってきます。

このへんは傍目には分からない部分ですが、値踏みをおこなっている買い取りの専業店の方ではシッカリその辺りも見てくるでしょう。

いずれにしても修復歴は存在しないことが自分の車の買取プライスを上げることができるかどうかのポイントとなってきます。