あの車のリサイクル料のいろいろ

中古車を売却する際の手順というと下取りと買取りというのがございます。下取りの場合というのは次のクルマを購入する時一緒に今迄の自動車を買い取って頂くというものです。だいたい新車ディーラーが買取りをすることになるため買い取り額のほうはわりと低めになるケースが多いです。

他方、買取りの場合にはユースドカー買い取り専門ショップが行っているもので、ユーズドカーとして販売することを予定に引き受け金額を決定するため、やや高めの引き取りが期待できます。どっちにしてもクルマを売却することであり、売る前に引受額を決めるための値踏みがおこなわれます。

鑑定をおこなうとして気に掛かるのはリサイクル料です。愛車査定で出してもらうプライスというのはその自動車本体の価格、お車についてくるリサイクル料や自賠責保険等をいれた値段の二種類が御座います。「リサイクル料」はお車を購入した際、若しくは「リサイクル料」が未払いの場合ですと車検のさいに支払いとなりますので、後に自分の車のを廃車として解体する際に必要なフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などリサイクルするためのコストとなって使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、壊してしまう時自動車リサイクルシステムから支払われることとなります。

費用は、軽自動車で8000円程、国産車の場合は10000円くらい、輸入車等で1.5万円くらい、それ以外で20000円ほどを入金する必要があったりもします。たいていのお車買取ですと、こうしたリサイクルの代金を愛車の買取りプライスとは他として引取りされるということとなるワケですが、リサイクル代金をいれて審査のプライスとしているケースもあり、引き取りを希望というケースで事前にチェックしておくことが大事な事となります。