あの車買取・事故歴と修復歴の感想、所感

古い愛車売渡を頼んだ際には、まずは鑑定を受ける事となります。その時の見積もりについては買い取りの専業店の担当者がやり、クルママーケットの金額などから算出されることになります。

普通は中古車として売りに出されている額の2~3割程が売却額となっていますが、人気くるまだったり、稀少車種等のケースでは高い見積金額がでる時もあるみたいです。ほかにも、年式が新しい方がやはり高い金額となります。他方、そのような買取金額はお車がパーフェクトな状態の場合であって、完全ではない時だとマイナスに査定されます。中でも特に修復歴は買取額にとても影響します。

修復歴というのも定義が曖昧ですが、基本的にはくるまの本体であるフレームの部分にまで跡を残すような事故を起こした車は事故車という事になります。そのような修復歴のある車はそのうちなにか被害が出てくるリスクがありますので、買取金額では短所になるのです。一方で、フレームの方にまで影響が無く、外装を修理した程度であれば無問題ですが、それでも修理歴は付いてしまいます。

もちろん修理歴はついてしまう訳なので良くない害はあるものですが、事故車に比べて低く見積もられることは考えられません。他にも、エンジンや変速機などに問題が出ているときもマイナスに見られますし、いつもの点検整備の良し悪しが買取価格に関係してきます。

そのあたりは私たちにはわからないところですが、値踏みをおこなう業者の方ではキッチリその部分も見てくるでしょう。

どちらにしても修理歴は無いことが古くなった愛車の買取額がアップできるか否かのポイントになります。