お待ちかね、「中古車の査定」について調べてみた

マイカーの買取となると、必ずその中古車の鑑定をすることになります。その型式やいつのものかによって、基準となる状態での価格のイメージをしておきます。これよりその上を行くほど実態が良くなかったら、評価額をマイナスとするというような順番で処理を行っていくのです。

標準状態の金額に関しては、買取のお店の方で基礎的なデータを保管しています。コチラについては業者同士だけで確認されるもので、その価格は車の型式や何年式かによって示されています。なのですが、この数字はあくまで基準の数値であり、それ以上でも以下でも無いといえます。加えて、その価格より高値で買取して頂けたり、場合によっては安い価格で引き取られたりすることすらどうしてもあり得ます。

お店の立場としてはなるべく安い金額で買い取りたいので、ショップにもよりますがベーシックな買い受けできる額を示した上で、さらにロープライスな方向へ話題を変えようとしてきます。売る側からすれば1円でも高プライスで手放したいので、この場合は強引に話を振るのがイイですよ。はたまた、買い受けについての金額が解決できなかった場合などは一度保留し、そちらで話を止めておきます。その上で違う店舗と駆け引きを行うわけです。

仮にそこでプライス的にさらに高値となって不満がないなら、先の業者とのやり取りはダメになっても特に問題ないです。結局のところ、売却する方が好きなように交渉を進めていけばOKなのです。何をおいてもしてほしくないのは、急いで売却金額を決断してしまって、後になって悔やむことです。買取金額は限りなく強気ないった方が後悔しないはずです。