これは・・・中古車の査定

車の売買の時は、最初にその見積もり査定を行います。車種と年式で、ベースとなる標準時の値段の目安をつかんでおきます。それよりもっと実態が良くなければ、査定金額を減らしていくなどといった工程で処理されていくことでしょう。

標準状態の値段のことについては買取業者側でベースとなる金額というものを保持しています。コチラについては業者間だけで出回っているもので、その金額は車種と何年式かによって残されているものです。ではありますが、あくまでもこの数字は基準の数値であり、その他の意味あいは無いといえます。それに加え、その額面よりもより高く買い取って貰えたり、場合によっては安い価格で買い叩かれたりのケースも当たり前ですがあるわけです。

店側の立場に立ってみると出来る限り低価格で引受けしたいので、その店舗にもよりますが基礎的な買い取りの価格を出したうえで、それよりも安値の方へと話題を変えようとしてきます。こちら側の考えでは少しでも高い値段で引き渡ししたいですから、ここではしたたかに話題を進めていくのがキーポイントとなります。それか、引き取りに関する金額が解決できなかった場合などは繰り延べし、そこで話をストップしておきます。そののち別の買取業者と駆け引きを進めていくわけです。

ここで仮に価格がもっと高くなって納得がいけば、前のお店とのやり取りは物別れに終わっても気にせずOKです。言い換えると、販売側が納得がいくように交渉を進めていけば良いという訳なのです。最も回避したいのは、あわただしく値段を決定してしまい、後から悔いるということです。プライスは徹底的に強気で押し出していく方が悔やむことはないでしょう。