そうれ!中古車を売る時の残債について思うこと

くるま買取り業者に鑑定をして頂いたのはいいけど、ローンが払いきれていないということもあるのではないでしょうか。そうしたケースでは、売却予定のマイカーの権利がご本人なのか他の方なのかどうかについて最初に確認することが必要となります。

ホントのところ、所有者が誰かについて何を見るといいのかと言えば、車検証に記載されている名前が愛車の権利者という訳です。

クルマを購入したタイミングで銀行が提供している自動車ローンを組んだ際は、こちらの車検証に記載されている名前が自分のお名前になっているのですが、自動車ローンを組まれたのが信販系の会社だったケースでは氏名がそこの記載となっている訳です。信販会社で分割払いを組む場合どうしてこういった形で信販会社をオーナーとして記載しているかと言えば、その理由としては支払いが滞った場合、スグに愛車を担保という形で確保するためです。

こうした理由から所有者名義がローン会社にある際はそのくるまを自分の都合で売り払う事は出来ないのです。何が何でも売ってしまいたいならまず残債を全部支払するかローンの組み替えをして持ち主をご自分に変更した上で売り払うことが求められます。そうとはいえ実際問題こういったことができるのは今手持ちの資産がとても多い時に限られてしまいます。であるならば、資金が不足している時はどういったやり方が望ましいでしょう。

そのようなケースでは見積もりを行ってもらったマイカー買い取りのお店に話してもらえると、愛車の売却額から残りの返済分をキレイにし、所有者の欄をあなたの名前に直して貰うことが可能です。手続きについても全てにおいて買取店に任せることが可能なので問題ないです。