ついにきた、「買取額交渉」のことを考えてみた

中古車買取りでうまくいく為にも大事だと言えるのが買い取りプライスネゴシエーションじゃないでしょうか。買取専門の店舗が初めから限界ギリギリを越えた売り値を提示してくる場合はほぼなく、にもかかわらず手放すと損になるんです。そんな理由で、更なる高い見積額で譲渡するためにはぎりぎりを引き出すための交渉がポイントとなる訳です。

その場合の話し合いには加減がありまして、特に効き目があるとウワサになっているのが他店と競わせることです。一つのショップのみに買取額を勉強してもらうネゴシエーションをしても、ショップの方からすればむりに買い取り額をアップさせるメリットが無いですからのってこないことがだいたいです。ところが、他店の売却額も出しながら商談することで、よそのお店に売却されるリスクが出てくるので買い取り額を競い合いしてくれるケースがあるのです。そのうえ、他店舗に於いても同様に商談をすることで互いに競ってくれることがありますので、更なる高プライスでの買取を現実にできます。そんな理由で、ユーズドカーを引受に出す時は1つの専門業者のプライスのみですぐ決定しないで、先ずは何社かの店舗から鑑定をおこなってもらい、そののち競わせて金額上昇をねらうのが奥の手であると感じます。

なお、査定額をアップして頂きやすくするためのコツもあって、まずボディの状態を良好にしておくことです。お店に買取したいという価値を実感させられなければ買取金額上昇は困難となりますから、美しくしておいたり純正状態に戻しておいたり等といった工夫が必要でしょう。

ネゴシエーション時の態度も大切なことです。つっけんどん感じでネゴシエーションに臨んでしまうのは心証を損なう原因にもなります。人としての印象が悪いと店舗にも嫌われる場合がありますから、客だからって素っ気なくならないように注意しましょう。