ついにきた、車のリサイクル料のいろいろ

クルマを売り払う際の段取りといえば買取、そして下取が御座います。下取の場合というのは新しいお車を手に入れると一緒にこれまでの自分のくるまのを買い受けしていただくというものです。大概新車の販売店が引受をおこなうので買い取りプライスはわりと低くなるケースが多いです。

もう一方の買い取りのほうは愛車買取専門店がやっており、ユースドカーという名目で店頭に並べることを前提に買い取り価格を決めるので、どちらかというと高値での引き受けが望めるでしょう。いずれにしろマイカーを売却することであり、引き取ってもらう前に引取り金額を決めるための審査が行われることとなります。

見積もりをおこなう際に気に掛かるのはリサイクル料になります。マイカー審査で示される金額としてはそのマイカーそのものの金額、くるまに付いてくるリサイクル料とか自賠責保険など含めた額の二種類が有ります。リサイクル料は中古車を手に入れたさい、又は「リサイクル料」が払われてなかったときには車検を通した場合支払いとなるもので、後に愛車を廃車にして解体するケースで必要なシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等リサイクルする為の費用となって使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体処分するさいにJARSから支払われるということになります。

代金はだいたい、軽だと8千円位、国産車の場合は1万円くらい、外国の車等だと1.5万円くらい、その他で2万円くらいを納める必要性が御座います。多くの中古車買取りでは、こういったリサイクルの代金をユースドカーの引き受けプライスとは別として買取されるということとなるんですが、リサイクル料金を入れて引受け額となっているケースもあり、買取りを依頼する際にまずは確認しておくということが大事な事となります。