ついにきた、車売却と必要書類について調べてみた

マイカーを手放したい場合におけるやり方としては下取、または買取の手順が有ります。下取りはおニューのマイカーを購入したタイミングで、今までのお車を引き取っていただくというものです。その自動車がドライブができるくるまであるならば買値がつきますが、度を超えて古い車だった場合だと反対に廃車にするためのコストを求められることもあり得ます。

下取は専門業者が買い取りをする訳じゃないので、高プライスでの買取は難しいと思いますが、次のクルマと交換をする形で乗り換えを可能といったいい面があります。他方買い取りはといえば、専門でおこなっている中古自動車買い取りの専門店に頼んで買取ってもらうといったものです。やり取りがややこしいなどのデメリットが存在しますが、引き受けられたマイカーはユースドカーとして流通するのが決まっていますから、想像していたより希望金額での買い取りが望めると思います。

買取も下取も売却の際には色々と書類を前もって準備することが必要となるでしょう。どんなものが必要かといえば、自動車検査証や自動車税納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券というものです。他にも実印や印鑑証明、住民票等も必要です。

買取りの際は譲渡証明書や委任状も使うのですが、これらに関しては買取ショップにて準備してくれるでしょう。引取りを希望するコチラ側としては、車検証、自動車税の納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証、実印と住民票および印鑑証明が用意すべきものになります。査定の際もそれらがチェックが入るため、なくしたさいには再度発行することが必要でしょう。

紛失のケースでも査定それ自体はして貰うことはオーケーですが、即日売却はおこなえないため査定金額に悪い影響が出ることになります。