ほら、中古車屋さんに車を売る時

愛車の売買の時は、まず先に中古車の鑑定を行います。車種と年代で、基本とされる標準時の価格の目安をつかんでおきます。これと比較しその上を行くほど状況がマイナスなら、見積額をマイナスとするといった流れでやられていくのです。

一定レベルでの金額に関しては、買取店の方で基準となるデータを持っています。コチラに関しては業者同士だけで出回っているもので、その額面は車の型式や年代で記されているものです。なのですが、この金額はあくまでも基準の数値であり、それ以上でも以下でもないのです。プラスして、その金額よりも高い価格で買取を行ったり場合によっては安い値段で引き取られたりする場合も当たり前ですがあるわけです。

買取店側からするとなるだけ安く引き取りたいですから、その店舗にもよりますが基本的な買い取りの値段を示した上で、もっと低い金額の方へ話を持っていこうとします。こちら側の考えではできるだけ高値で譲渡したいので、ここでの交渉では強引に話題を進めていくのが良いでしょう。はたまた、買い受けについてのプライスが解決できなかったケースであればいったん保留し、そこで話をストップしておきます。その上で違う買取専業店と商談を進めていくわけです。

もしここで価格がさらに高値となって満足できるものだったら、最初の業者との話し合いは決裂したとしても問題ないはずです。言い換えると、売りたい方が満足できるように商談を進行させていけば良いという訳なのです。最もしてほしくないのは、急ぎ足で値段を決断してしまって、後から悔やんでしまうことです。額面はとにかく強気に出ていった方が後悔しないはずです。