ほら、日本自動車査定協会という機関だそうな

愛車の下取りや買取の際には、初めに査定を行います。この査定とは、消費者から下取りや買取する際に適正な見立てをするための工程であり、そのためには多くの人から理解され、その上受け入れられた手順でなければ良くないのです。なのですが、消費者側からしますと、値踏みがどんなふうにやられているのかきちんと存じてなかったり、正当な進め方で行われてるかどうかはどうにも把握することが困難なものです。とはいえ、見積の方はお車の価値を決定する大事な工程な訳なので、方法や考えに様々なものがあると社会がパニックとなる一因にもなるわけです。

このようなカオスを起こさないようにするため日本自動車査定協会と呼ばれる機関が存在し、「中古自動車査定制度」を設けているのです。

「日本自動車査定協会」というのは、適切な査定が拡大するように機能している機関であり、我々が信頼して査定に出せて、そして納得のいく結果となる制度を構築する動きをしています。

活動の内容は、例えば健全な査定士を輩出する為の検定を行っており、査定協会が実行している学科と技能研修を受けて頂き、そうしてから査定士技能検定試験という試験に受かることである一定の技能を持つ査定士としての資格が与えられます。そうした上で査定士として働く為には協会への登録が必須となり、しっかりとした基本的なことや義務でもって消費者の所有車の品定めをします。要するにきちんとした見積もりを行う為の資格を持つ者が評価を実施しますので、お客さんも安堵して下取または買取に持っていくことが可能となるのです。