クルマを売却する時の手順のことを、コチラでじっくりとわかっておきましょう

中古の車を売却するときのやり方というと買取と下取りのどちらかがございますよね。下取の場合は新しい愛車をゲットする時、これまでお乗りの古い自動車を買い取りして頂くというものです。大概新車の取扱店が買い取りをするので買い取りプライスはやや低くなる場合が多いです。

もう一方の買取のケースはクルマ買取専門店が行なっていて、古い車として販売する事を前提に買い受けの価格を決定するので、意外に高プライスの買い取りが期待できます。何れにしても使用ずみの車を買取してもらうことであり、売る前に買い取り価格を決めるための値踏みがおこなわれることとなります。

品定めを依頼するとして気になるのが「リサイクル料」です。中古車の審査で出してもらう値段としてはクルマそれ自体のお値段、自分のクルマのについてくるリサイクル料とか自賠責保険などなどプラスした金額の2種類がありますあります。「リサイクル料」はその中古自動車をゲットした際、又はリサイクル料が未納のケースでは車検を受けた場合に支払いとなりますので、のちに使用していた自動車を廃車にして処分するケースで必要となるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等々リサイクルするときの費用ということで使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることとなり、処分する際にJARSから支払われることになります。

その際のコストはおおよそ、軽自動車で約8千円、普通車の場合1万円くらい、外車とかで1.5万円くらい、それとは別に2万円位をいれる必要が有ります。多くの使用ずみの自動車買取りであれば、こうした「リサイクル料」を自動車の買い上げ値段とは別として買い取りされるという事になる訳ですが、リサイクルの代金を含めて買取金額であるという場合もあり、見積もりをお願いする際にはまずはチェックしておくということが大事な事となります。