今日はローン中の車売却について調べてみた

愛車の買取専業店に鑑定をお願いしたものの、割賦払いを完済していない事もあり得ますよね。こうした時は、売却予定のお車の権利がご本人であるのか他の方であるのかどうかまずはチェックすることが必要です。

ホントのところ、持ち主に関して何を確認したら分かるかというと、車検証に書かれている名前の方が車の所有者という訳です。

車を買った時に銀行が提供している割賦払いを組んだ時には、この「自動車検査証」に載っている名前がご自身の名前になってるはずですが、自動車ローンを設定したのがクレジット系の会社などの際は名前が信販会社の名前となっているのです。クレジット会社で割賦契約を組む場合なぜこんな風にクレジット会社を持ち主として登録してるのかと言えば、その理由としては月賦が滞ったりしたら、スグに車を担保という形で確保することを考えているからです。

そんな事情から持ち主名義がクレジット会社となっているケースではそちらの愛車を自分の好きに売ることはできないのです。それでも売ってしまいたいならとりあえず残債をすべて支払するか支払いローンの組み替えをすることで所有権を貴方の名前に変更した後で売り払う必要性が出てきます。しかし、実際こういったことができるのは今持っている現金がたくさんあるケースになってしまいます。それでは現金が無い人はどういった方法を取るのが望ましいでしょう。

そういったケースでは査定をしていただいたクルマ買取専業店に事情を話すと、所有車の売却の金額から残りの返済分を支払し、持ち主をアナタの氏名に直して貰うことができるという訳です。手続きに関してもすべて買い取り専門店に任せることができますので大丈夫です。