今日は車査定と修復歴のことを考えてみた

古くなった中古車買取りを頼んだときは、最初に見積もりを受けることになります。そうした時の審査に関しては買取ショップの査定担当者が行う訳ですが、中古車マーケットの価格などから金額がはじき出されることになります。

通常、中古のクルマということで売りに出されている値段の20~30%ほどが買取の値段と言われていますが、人気のある車種だったり、珍しい車種である時には高値がつくなどのケースもあるでしょう。その他、年式が新しければ新しいほど高くなります。ただし、これらの買取金額はくるまが完全な状態の場合であり、パーフェクトじゃない時だと値踏みは厳しくなります。特に事故車は見積金額に結構影響してきます。

修復歴というのも定義が曖昧ですが、とりあえず自動車の基礎となるフレームの方にまでダメになるようなアクシデントを経験してしまった車は事故車扱いになります。このような事故歴のある車はいつかなにかしらの負の影響出現するという危険性が有りますので、プライスに於いては短所となってしまいます。一方、フレームの部分にまで影響が無く、外見を修理した程度であれば問題ありませんが、修復歴が付くことになります。

モチロン修復歴が付きますのでデメリットの被害はありますが、事故車より低い鑑定額となることは無いでしょう。また、エンジンや変速機などにトラブルが起こっているケースもマイナスという事で審査されますし、普段からのメンテナンスの状態が見積に影響されます。

このへんは我々には見分けはつかないのですが、鑑定をしている買取ショップではしっかりとその辺をチェックの対象としてきます。

どちらの場合でも修復歴としては無いことが所有車買取の値段を上昇できるかどうかの最低条件となります。