今日は車買取、そしてリサイクル料ってどうでしょう

自分のくるまのを処分する時の手立てというと下取、そして買取の両方が存在します。下取りの場合というのは次のお車を手に入れる際に前の自分の車のを引受けしてもらうというものです。たいてい新車ディーラーが買取りをするため買取金額のほうはわりと低めになるケースが多いです。

他方、買取りの方はクルマ買取専門ショップがしているもので、中古車として店頭に並べることを予定に買取り値段を決めるため、どっちかというと高値の引き受けが望めます。何れにしても所有車を売却することであり、引き取ってもらう前に引受け金額を決めるための値踏みがおこなわれることとなります。

審査をして貰う場合に気に掛かるのはリサイクル料になります。所有車値踏みで出される価格というのはクルマ本体の額、自分の車のについてくるリサイクル料や自賠責保険などを入れた値段の2つの種類があります。リサイクル料については車を購入した際、若しくはリサイクル料が未払いの場合には車検を受けた時支払いになりますので、先々お車を廃車にして壊してしまう時必要なエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどリサイクルするための費用という名目で使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、処分する場合JARSから支払われることになります。

料金は、軽自動車で8千円ほど、国産自動車で約1万円、輸入車等であれば1.5万円ほど、その他で2万円くらいを入金する必要が有ります。大半のユースドカー引取りの場合、こうした「リサイクル料」をマイカーの引き取り額とは別として買取られるというような事となるのですが、リサイクルの代金を入れて買取り金額としてる場合もあり、見積もりをお願いする場合に先にチェックしておくことが大切な事となります。