今日は車買取と下取のこと

車を売り払いたい場合の方法には下取や買取といった手順が在ります。下取は新しい自分の車を買った時には、今迄の中古車を買取りしてくれるものです。その中古車が乗車が出来る状況であるならば値段が付きますが、とてつもなく古い車であった場合には反対に廃車にする費用を下さいと言われるケースもなくはないです。

下取に関しては、専門ショップが買い取るという事ではない訳ですから、希望金額での買い取りは無理だと思いますが、次の自動車と交換で乗り換えを可能だといういい面があります。一方買取の場合は、それを専業としている中古車買取専業店に頼んで買取ってもらうといったものです。その手続きが難しいなどの良くない点も有りますが、引き取られた自家用車はユースドカーとして流通するのがそもそも決定事項ですので、思った以上に高値での引取りが望めます。

買取りにしても下取りにしても譲渡のさいにはいろいろな書類をまずは用意することが必要となるでしょう。どんなものが必要かといえば、自動車検査証と自動車税納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券となります。そして印鑑証明や実印、住民票といったものも必要となります。

引受けの場合は委任状や譲渡証明も必要書類になりますが、それらに関してはお店の方にて準備してくれるはずです。売却をお願いする方としては、車検証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、実印、住民票さらに印鑑証明を準備しておきましょう。査定の時もこれらをチェックが入るため、失くしたときはもう一度発行していただく必要がございます。

たとえ失くした際でも査定だけをして貰うことはできますが、その場で買取は行えないので査定額に何か影響が出ることとなるでしょう。