使用していた自動車を売却する際の手続きにかかわる事を、こちらのページでしっかりとチェックしていきましょう

使っていた自動車を処分する際の仕方といえば下取りと買取りのどちらかが一般的ですね。下取のケースというのはおニューのマイカーを入手する際一緒にこれ迄のu-carを買い取って貰うというものです。殆どは新車取扱店が引き取りをするため価格としてはやや低く見られがちです。

他方、買取の方はu-car買取専門ショップがやっており、中古車として販売することを前提として買上げのプライスを決めるので、どちらかというと高めの買い取りが期待できるでしょう。いずれにしても中古車を売る事であり、その前に引き取り額を決めるための値踏みが行われます。

品評を行う場合に気に掛かるのが「リサイクル料」です。使用していた車の評価で提示されるプライスというのはユースドカーそれ自体の値段、自分のクルマのに付いてくる自賠責保険やリサイクル料等含めた価格の二つの種類が御座います。リサイクル料に関しては中古の自動車をゲットしたさい、またはリサイクル料が未納の時には車検のさいに支払いとなりますので、先々使用した自動車を廃車として処分する場合に必要になるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等をリサイクルするさいのコストとなって使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、壊してしまう場合にJARSから支払われることとなります。

その時の料金は、軽であれば約8千円、国産自動車で約1万円、外国の車とかで1.5万円程、そのほかで2万円くらいを納める必要があります。たいていの使用済みの車引き受けですと、こういったリサイクル料を使用ずみの車の引き上げプライスとは別個で引き取られるという事になるワケですが、リサイクル代金を含んで買い取り価格であるという場合もあり、見積もりを希望するケースで確認しておくということが要されます。