使用済みの自動車の買受は割賦が完済前の場合でもオッケーでしょうか?把握しておきましょう

中古自動車の買取専業店に品評を依頼したものの、ローンが払いきっていないなどといったケースもあるのではないでしょうか。このような事情では、売るつもりの使用した自動車の所有者が自分になっているのか別の方なのかをまず把握しておくことが必要となります。

実際のところ、所有者についてどの辺をチェックしたら把握できるのかといえば、「自動車検査証」に載っている氏名がその中古車の所有者となります。

お車を購入したタイミングで銀行などのローン支払いを設定した時には、この「車検証」に書かれているお名前が自分自身の名前になっていると思うのですが、割賦払いを設定したのが信販会社であるケースだとお名前がその会社の記載となっているのです。クレジット会社で分割払いを組む場合どんな理由でこのような形で信販会社を持ち主として記載しているかと言えば、その答えは月賦が滞納された場合に、ただちに自動車を担保という形で確保することを考えている為です。

そうした理由で所有権がクレジット会社にある際はそちらのおくるまを自分の都合で売ってしまう事はできないのです。どうあれ売り払いたいなら先に返済をキレイに終わらせるか、割賦契約の組み替えをすることで所有権者をご自分に変更した上で手続きする必要性が出てきます。さりとて実際問題こういった手続きができるのは今現在手持ちのキャッシュがたくさんある時に限られてしまいます。それじゃあキャッシュが足りない場合はどうしたらよろしいのでしょうか。

こういったケースでは評定をして下さったマイカー買い取り専門店に相談すると、不要車の売却額から残債の支払いの分をキレイにし、名義人を自分自身の姓名に変えて頂くことができるという訳です。手続きの方も全てにおいて買い取りのお店に任せることが可能なので大丈夫です。