話題沸騰!車のリサイクル料について調べてみた

クルマを処分する時の方法というと買い取りと下取りの2つが有ります。下取りのケースはおニューのお車を入手すると同時に今迄の自分のクルマのを引受けしてもらうというものです。主としては取扱店が買取をすることになるため価格としてはどっちかといえば低く見られるケースが多いです。

一方で買取りの場合には古い車の買取り専門の業者がしているもので、ユースドカーとして売却することを予定に引受額を決めるので、どちらかといえば高値での買い取りが期待できます。何れにしろ自分の車のを引き受けてもらうことであり、、売却する前に引受金額を決めるための見積もりがされることとなります。

鑑定を依頼するとして気になるのはリサイクル料となります。自家用車審査で示される価格としてはその自分のくるまのそのものの値段、クルマについてくるリサイクル料や自賠責保険などなど入れた金額の二つの種類が御座います。リサイクル料に関してはクルマを入手した時、若しくはリサイクル料が未払いのケースでは車検を受けたケースで支払いとなるもので、後にマイカーを廃車として壊してしまう際に必要になるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等々リサイクルするときの料金として使用されます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、解体するケースで自動車リサイクルシステムから支払されるということとなります。

コストは、軽自動車で8千円位、国産車であれば10000円程、外国の車等で1万5千円位、それとは別に20000円ほどを入金する必要性が有ります。だいたいのユースドカー引受の場合、そうしたリサイクル料を自家用車の引取り値段とは別で買い取られるというようなことになるワケですが、リサイクル料金を含んで引受け値段となっている場合も有り、見積もりを希望という場合前もって確認しておくのが大事なこととなります。